TOP >ハワイの税金 > ハワイ州税務署の電子申告(E-Filing)・オンライン納税(E-SERVICES)について

ハワイ州税務署の電子申告(E-Filing)・オンライン納税(E-SERVICES)について

本日は、ハワイ州税務署の電子申告・オンライン納税(E-Filing)についてご紹介します。

1.ハワイ州税務署の電子申告・オンライン納税とは?

ハワイ州税務署(Department of Taxation State of Hawaii)は電子申告・オンラインのシステムを有しています。URLはhttps://dotax.ehawaii.gov/efile/userとなっています。
日本でもe-taxやダイレクト納付などの国税のオンライン申告・納税、eL-Taxによる地方税のオンライン申告、その他地方ごとのオンライン納税などの仕組みがありますが、ハワイ州は

2.電子申告の登録前に用意するもの

電子申告の登録に当たって以下について準備・確認しておく必要があります。

①インターネットブラウザ

以下のブラウザを用いることとなります。
Current versions of Google Chrome.
Current versions of Mozilla Firefox.

②メールアドレス

利用可能なEメールアドレスを用意します。hotmail.com, email.com, yahoo.comのようなフリーメールでの登録も可能です。

③有効な連邦及びハワイ州の納税番号

有効な連邦(Federal)及びハワイ州(Hawaii State)の納税番号を用意します。

④Adobe Acrobat Reader

Adobe Acrobat Readerにて閲覧・作業を行うこととなります。Adobe Acrobat Readerはhttp://get.adobe.com/reader/.よりダウンロード可能です。

⑤クレジットカード

オンラインでの支払いのために利用可能なクレジットカードを用意します。

3.電子申告の登録区分

電子申告の登録に当たって以下の2つの登録のいずれかを選ぶこととなります。

①個人・個人事業主としての登録(Register to file as an Individual or Sole-Proprietor)

個人の予定申告や申告期限の延長の申請を提出するためや、個人事業主が源泉所得税の申告や申告期限の延長の申請を提出する際にはこちらから登録を行います。その際にはSocial Security Number (SSN)が必要となります。

②法人等のビジネスエンティティとしての登録(Register to file as a Business Entity)

パートナーシップ、法人、信託、非営利組織などとして税務申告書や税務届出書類を亭主する際にはこちらから登録を行います。その際にはEmployer Identification Number (EIN)が必要となります。メンバーが1人のLLCも個人・個人事業主としての登録ではなく、こちらの法人の方に登録を行います。

4.電子申告・オンライン納税できるFormやVoucher

様々なFormについて電子申告・オンライン納税を行うことが可能となっています。

①電子申告できるフォーム

以下が電子申告できるフォームです。
– Form A-6, Tax Clearance
– Form G-45, General Excise Period and Amended Return
– Form G-49, General Excise Annual Return & Reconciliation and Amended Return & Reconciliation
– Form HW-14, WH Period Return and Amended Return
– Form TA-1, Transient Accommodations Period and Amended Return
– Form TA-2, Transient Accommodations Annual Return & Reconciliation and Amended Return & Reconciliation
– Form N-1, Estimated Income Tax (Individual)
– Form N-3, Estimated Income Tax (Corporation)
– Form N-13, Resident Individual Income Tax Return (Short Form)
– Form N-101A, Automatic Extension (Individual)
– Form N-301 Automatic Extension to file Hawaii Return for a Corporation, Partnership, Trust, or Remic
– Form GEW-TA-RV-6, Extension of Time to File the GE/Use (Form G-49), TA (Form TA-2) and RVST (RV-3) Annual Return and Reconciliation
– Form GE-1, Survey of General Excise/Use Tax Exemptions and Deductions

②電子納税できるフォーム

以下がE-Fileを通して納税できるものです。
– N-126E, Net Income Tax Payment
– N-200V, Individual Income Tax Payment
– N-201V, Business Income Tax Payment
– GE VP-1E, General Excise/Use Tax Payment
– RV VP-1E, Rental Vehicle Surcharge Tax Payment
– TA VP-1E, Transient Accommodations Tax Payment
– WH VP-1E, Withholding Tax Payment
– ICS-202V, Tax Payment Voucher (CBV)
– VP-2, Miscellaneous Tax Payment Voucher

5.オンラインで納税した場合の手数料

オンラインでクレジットカードにより納税した場合には、行政手数料として$1.00 +納税額の 2.4%がかかります。もし電子小切手(eCheck)を利用した場合の行政手数料は、$1.00だけになります。

(例)納税額$1,000.00
・クレジットカードの場合の総支払額=$1,000 + $1.00 + $24.02 = $1,025.02
・eCheckの場合の総支払額=$1,000 + $1.00 = $1,001.00

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー