TOP >ハワイ観光地 > ハワイの観光産業について

ハワイの観光産業について

私はこれまでハワイを何度も訪れていますが、やはりハワイの観光は最高です。ハワイを訪れる人は日本人は多くいて、芸能人なんかもよくハワで結婚式を挙げるとか、ハワイに余暇、バカンスの為に訪れる人がほとんどのようです。

1.日本人はなぜハワイが好きなのか?

とにもかくにも、日本人はハワイが好きです。それにしても何故、日本人はこんなにもハワイが好きなのでしょうか。ハワイに似たようなところには国内でも沖縄とか他にももっと近い所では、米国領ではグアムやサイパンといったところもありますにのに。どうして日本人はハワイが好きなのかを考えても、その答えがないような気もします。

直感的にはハワイは何だか「癒される」ところだからではないでしょうか。一方で歴史的にはハワイと日本とは明治時代の昔から移民などの関係で深いつながりがあり、日本人・日系人も多くハワイ住んでいて、今でも日本語が比較的通じる国だということもその理由の1つに挙げられるでしょう。私も余暇観光が目的でハワイに行きますが、やはり「癒し」が目的です。そしてハワイの観光といえばやはり美しい自然、綺麗なビーチがメインとなるでしょう。

日本人はハワイ好きなので、福島県いわき市にはかの有名なハワイアンリゾートでも知られる「スパリゾート・ハワイアン」が誕生しました。そこでは日本人がハワイの雰囲気や空気に感じる親近感、それに彼らの音楽的感覚から生まれた素朴なウクレレの響きやフラダンスの何ともゆったりした色よい動きを感じることができます。

多くの方々がハワイを訪れる主な目的は、ハワイのビーチ、それにダイビングなどがメインとなりますし、それが主とした目的といってもいいでしょう。特に、都会的センスのダイヤモンドヘッドを仰ぎ見ながらのワイキキビーチやちょうどダイヤモンドヘッドの反対側に位置する「ハナウマ湾」でのダイビングは何回行っても飽きることはありません。特に、ハワイのビーチ、オアフ島に限っても全米No1に選ばれた美しいビーチが多く存在します。

2.ハワイの基幹産業である「観光産業」

このようにハワイの観光産業の大きな財産の一つが美しい自然やビーチにあることは間違いありません。観光客はアメリカ本土からがほとんどとも言われますが、次に多いのが日本人だそうで、外国人のほぼ7割をしめるともされています。観光客はただ遊びに来るのではなく、当然ながら食事もしますし、各種の交通機関を利用しながら色んな物をお土産に買い物をします。

政治的に見ますと1991年にハワイ州で制定されたのが「ハワイ州観光部門別計画」です。この計画の中では、観光に関する州全体の問題に取り組むための方針が州政府の関係諸機関に示されました。また、ハワイの観光分野の取り組みにハワイの各郡政府やハワイ州政府が協力する場合の方針なども示されることとなりました。

その後1999年にハワイ州政府の観光局として新しく設立されたハワイ・ツーリズム・オーソリティ(HTA)は、最初の観光戦略計画であるKe Kumu(ハワイ州集客産業に関する戦略方針)策定しました。、その後ハワイ州観光戦略計画2005~2015年(TSP)が公表され、特定の政府機関、地域組織、業界グループだけの行動計画ではなく、ハワイ州観光業界の全関係者が認識すべき2015年までのビジョンを定めたものでした。本年この10年計画の最終年度であります。

ハワイ諸島そのものは農業国でもなければ、生産国でもありません。たいていの食料や衣料関係は本国からの輸入に頼っているのが実情のようです。それを見てもハワイはいかに観光立国であるかがわります。ハワイは、オアフ島を含め全部の諸島が美しい海岸で囲まれていて、まさに天国に一番近い島かもしれません。よく常夏のハワイと言われるように、ビーチとフラとハワイアンミュージックがよく似合う島なのです。

日本人がハワイで会社を設立しビジネスを行うとしても、多くの方が「観光」を意識されいますので本日はハワイの観光産業についてご紹介させていただきました。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー