TOP >ハワイのビザ・移住 > ハワイへの移住・仕事&就職先探しと英語力について

ハワイへの移住・仕事&就職先探しと英語力について

ハワイを含めて長期的な海外移住をしたいという日本人は最近とても多いのではないでしょうか。私どもにも、「しばらく海外在住となるので日本の不動産管理や納税管理人をおねがいできないか?」、「ハワイに会社を設立して移住をできないか?」というご相談が非常に多くなってきております。本日はハワイ移住についていくつかのポイントをご紹介させていただきます。

1.人気のハワイ移住と英語力について

では日本人に人気なハワイに移住した場合、私たちはどのようにハワイで生活をしていくのでしょうか。

まずハワイに移住するための大前提として必要なものに「英語力」があります。いくらハワイでは日本語ができる方が多いからといっても、英語が話せないのに移住するのはさすがに厳しいと思います。いろいろな書類がすべて英語によって標記されておりますので、英語は必須であると思われます。もちろん現時点ではできなくても、絶対にがんばるぞという強い決意があれば大丈夫だと思います。

私個人も、英語は30歳まではほとんど話せませんでしたが、何とか努力により一通りのコミュニケーションができるようになりました。現在は、ハワイに会社を設立し、日本からではございますが何とかハワイ法人を経営できています。

2.ハワイにはどのようなお仕事があるのか?

次に、具体的にハワイにはどのような仕事があり、日本人でも求人要件を満たしている仕事には何があるかについてご紹介したいと思います。

まずハワイにある職種ですが、これは基本的には日本となんら変わりはありません。例えば、飲食店もあればアパレル関係もありますし、どのような職種でも見つけることはできます。

ただ日本と違うのはほとんどの企業が英語力を求めていることです。ほとんどということは、なかには英語力を求めてない企業もあるのか?と思いますが、確かに英語力を必要を必要としない企業もあります。というのもハワイにはかなり多くの日系企業があるからです。ここでいう日系企業とは、ハワイ法人の親会社が日本法人であったり、ハワイ支店で本店が日本にあったりというケースです。

ですが、やはり多くの日系企業は英語力を求めています。ところが、日本人は謙虚な民族ですので、少し話せる程度でも「私、英語が全然話せなくて」とおっしゃいますが、もう少し自信を持っても大丈夫かなというのが個人的な感想です。

少し話せれば大丈夫という企業はかなり多いので多少の英語力で問題ありません。しかし日系企業以外になりますと、当然のことですがかなりの英語力が必要になります。

前置きが長くなりましたが、英語力に自信のない人は、やはり日系のハワイ企業にすることを強く勧めます。

3.ハワイの日系企業の職種について

ではハワイにある日系企業にはどの様な職種があるのか紹介します。

アパレル関係、貿易関係、飲食関係、旅行関係、メディア関係、ホテル関係とそのほかにもたくさんの日系ハワイ企業があります。日本とは違うことをしたいという人は多いかと思いますが、日本人旅行客、日本企業向けの仕事ではない場合、お客様が外国人なので同じ飲食店で旅行会社でもかなり働く環境としては異なると思います。

ではどの職種が日本人を対象としているかという点でございますが、日本人向けの旅行会社や、日本向けのメディア関係の会社は間違いなく日本人が対象の職種になります。この様な日本人・日本企業向けのサービスを提供している企業の場合、求められる英語力はさほど高くはありません。

日常会話ができる程度、必要最低限の英単語がわかる程度でよいという企業がとんどになります。ですので、英語力に自信のない方や、外国の方と働くことに不安がある方はこの様な仕事をおすすめいたします。そうではない方、何でもいい、どこでもいいという方は日系企業にこだわる必要はないかと思います。

ハワイといってもハワイに住んでいる人からすれば普通の町でして、お店があれば学校があり家があり、犯罪や災害だってあります。日本となんら変わりはありませんので、ハワイにおいてもデスクワークの求人もあれば、飲食店のアルバイトの求人もあります。特別な基準さえなければ、出ている求人はどこでも応募できどこでも働けます。ですので、日本で仕事を探すのと同じように仕事を探すのがよいかと思います。ただし、別途またご紹介させていただきます、就労ビザの関係だけは検討が必要です。

4.ハワイで日本人におすすめのお仕事

ハワイでおすすめのお仕事を紹介したいと思います。私のおすすめの職業はウェディング関係の仕事です。ハワイで結婚式を挙げたいカップルは日本人だけでなく世界中にたくさんいます。そのため、世界のいろいろな国の方々が幸せになるためにハワイにやってきます。私どものところに、「ハワイに会社を設立したい」というご相談の中でも、やはりウェディング関係のお仕事の会社様が比較的多いです。

ウェディング関係は色々な国の方々と触れ合う事ができますし、たくさんの方々に幸せを与えることができます。ハワイでもかなりやりがいを感じることのできる職業ではないでしょうか。

お仕事をしなくても生活ができるほどの貯金がある方を除いて、ハワイで生活していくためには当然収入が必要になります。ハワイで何かしらの職に就き働くことになります。そのようなときには自分の能力に合った職業を選択し、無理のない楽しいハワイ生活を送れればいいですね。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー