TOP >ハワイその他 > ハワイで観光客の方がケガや病気になったときの留意点

ハワイで観光客の方がケガや病気になったときの留意点

日本人に大人気のハワイ旅行。でも、旅行先ではトラブルが付き物です。急な体調不良や事故が起きた場合のことも、十分考えに入れておく必要があります。ハワイで医療を必要とする場合、日本と同じ感覚で大丈夫なのでしょうか。ここでは、ハワイで観光客が病院にかかる場合に留意すべきことを幾つか取り上げます。

1.ハワイの医療制度について

(1)主治医制度が一般的

主治医制度が広まっているハワイでは、日本人観光客が一般の病院に診察を受けに訪れても診察を受けることができないことが多いのが心配な点ではあります。

(2) ハワイの医療技術

ハワイの医療技術についてですが、ハワイの医療レベルは、世界トップクラスのアメリカの中でも、トップレベルだと言われています。ですから、急な手術や難しい症例など、大抵のことには対応することができるでしょう。

(3) ハワイでの医療費

ハワイでの医療費、日本での医療費と比べるとかなり高額です。例えば、日本の病院だと初診料が大体2000円~3000円程度となりますが、ハワイでは、10000円~30000円はすると思っていた方が良いでしょう。ちょっとした診察や検査でも非常に高額になってしまう可能性があります。

時に入院や手術となり、優に1000万円を超えてしまったというケースもあります。また日本では無料で救急車を呼べますが、ハワイでは有料です。公営救急車で10000円以上、民営であれば、距離にもよりますが40000円以上はかかります。そのため、安易に救急車を依頼したり病院にかかったりしない方が良いかもしれません。

2.海外旅行傷害保険に加入すること

ハワイは全米でも医療費が高い州であることに注意しておく必要があります。当然ながら、日本の医療費とは比べものにならないくらい高額です。例えば盲腸手術で入院する場合には250万円以上の費用が必要となります。

ハワイ旅行をするときは、このように医療費の負担をカバーするためにも、海外旅行傷害保険に加入しておいたほうが良いでしょう。日本語対応の病院でも、海外旅行傷害保険を適用させています。保険を使えないとなると、深刻な病気や怪我の治療を受けた場合、信じられないほど高額な医療費を請求されることがあります。

3.ハワイの病院で日本語は通じるのか

海外で病院に行く場合、医療技術と並んで不安なのが言語です。病気になったり怪我をした場合、日本では119番を押して救急車を呼ぶことがありますが、アメリカのハワイでは911番です。当然ながら英語での対応ということになります。英語に自信がないと、病状についての正確な受け答えができないでしょう。

英語ができたとしても、体調が悪い時は、やはり日本語が通じる病院があると安心です。ハワイには、日本語の通じる病院がいくつかあります。ハワイは歴史的な経緯で日系人が多いだけに、日本語を理解する病院スタッフがいる可能性もありますが、必ずとは限りません。日本人の場合は日本語で対応してくれる病院を求めますが、ハワイで日本語対応可能な病院は限られています。病院によって事情は様々なので、心配な方は予め滞在する地域付近の日本語の通じる病院を、いくつかリストアップしておくと良いでしょう。

またハワイでは、24時間体制の「ドクターズ・オン・コール」という診療システムがあります。ワイキキにある日本語対応の病院といえばストラウブ総合病院による「ワイキキ・オン・コール・クリニック (DOCTORS ON CALL)」をあげる方がおおいようです。24時間の受付をしていて、日本人旅行者に対して日本語での対応をしてくれます。電話一本で簡単に利用でき、日本人の通訳もいて非常に便利なので、持病がある方や小さなお子様がいらっしゃる方は、旅行前に具体的な利用方法を確認しておくのがいいかもしれません。

4.病気に不安があるならオアフ島旅行がおすすめ

ハワイを旅行するときには、都市部ならば病院の数は多く、都市から離れるほど病院が少なくなる傾向があり、これはハワイでも日本でも同じです。オアフ島はホノルルの都市圏で病院が集中する島ですが、そのほかのハワイ島やマウイ島などでは、病院の数が少ないことが通常です。

急に重大な病気になったり怪我をしてしまうと、病院まで行くのに時間がかかります。その点でオアフ島は病院が各地にあり、ホノルルには日本語対応の病院がいくつかあるので、安心感が大きくなります。英語と病気に不安のある人が旅行するならオアフ島・ホノルルがおすすめされるのはこのためです。

5.軽い体調不良などの場合は?

もしハワイ観光中に体調が悪くなってしまったら、どのような手段を取るべきでしょうか。まずはお泊まりになっているホテルのフロントに相談してみましょう。ホテルには救急用の薬が常備されていますので、それで対処ができるかもしれません。

また、「くすりのホメオ」や「ドンキホーテ」などのお店では日本の市販薬も販売していますので、あらかじめ場所を確認しておくこともおすすめです。それでも症状が回復しない場合は、無理をせずに病院へ行きましょう。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー