TOP >ハワイ料理・ドリンク > ハワイ料理について

ハワイ料理について

ここ数年で日本にもハワイ料理が食べれるお店も増えてきたため、ハワイ料理に関心を持つ人も増えてきたのではないでしょうか。しかし、メジャーになっているハワイ料理はまだまだほんの一部であり、ハワイの伝統的な料理はまだまだたくさんあります。本日は、そんなハワイ料理についてご紹介いたします。

1.ハワイ料理の主食「ポイ」

まずは、ハワイ料理の主食となる存在のポイです。ポイとは、タロイモを蒸したものを潰して発酵させたものです。味としては、発酵前は甘さを感じますが、発酵後は酸味を感じます。もちろん個人差はありますが、日本人が主食として食べるには違和感を感じるかもしれません。

2.丼として食べても美味しい「ポキ」

ハワイでは日本と同じように生魚を食べる習慣があり、魚の切り身やトマト、玉ねぎ、ネギ、海藻などと醤油や塩、オリーブオイルなどを混ぜ込んで調理した料理です。使う材料に決まりはなく、使う魚を変えることで様々な味を楽しむことができる料理です。最近では、ご飯にのせて丼として食べることが増えて、日本人にも人気の高い料理です。

3.蒸し焼き料理「ラウラウ」

ラウラウとは、タロイモやティの葉で肉や魚を包んで蒸し焼きにする料理です。以前は、地面に掘ったイムという地中の窯に熱い石と一緒に入れて調理していましたが、現在はオーブンでの調理が一般的です。基本的には、塩のみでの味付けですが、タロイモやティの葉の風味がある為、良い香りを楽しむことができます。ライスやサラダとワンプレートにしてランチメニューとして楽しまれていることが多くなってきています。

4.日本でメジャーなハワイ料理「ロコモコ」

ロコモコとは、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせて、グレイビーソースをかける料理で、日本の丼に似た料理です。日本でもかなりメジャーになったハワイ料理である為、食べたことがある人も多いと思います。最近では、ハンバーグ以外にも照り焼きチキンやシイラなどの白身魚といったハンバーグ以外の食材を使うロコモコがあったり、材料に合わせたソースをアレンジするといったロコモコも増えてきています。

5.おやつにも最適「マラサダ」

マラサダも近年日本にも浸透してきた料理で、揚げパンのようなお菓子です。作り方も揚げパンとほぼ同じで、イースト菌で発酵させたパン生地を油で揚げて、グラニュー糖をまぶして完成です。すっかりハワイ料理として浸透していますが、元を辿れば実はポルトガルからきた料理とも言われています。

これらのように、ハワイの伝統料理はたくさんあります。日本人の口に合うもの合わないもの様々ありますが、日本に広まる可能性がある料理はまだまだたくさんありそうです。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー