TOP >ハワイ観光地 > 日本人なら行く価値のある戦艦ミズーリ記念館

日本人なら行く価値のある戦艦ミズーリ記念館

ハワイで歴史を体験できる戦艦ミズーリ記念館についてご紹介します。

1.パールハーバーについて

ハワイのオアフ島はショッピングに青いビーチを楽しみに行くところとばかり思われがちですが、ちょっとそういうところから離れて歴史の一部を体験しに行くのも人気です。その代表格がホノルル空港からほど近いところにあるパールハーバーにあります。日本人なら誰でも名前は聞いたことがあり、またの名を真珠湾と言われるその地域は太平洋戦争の始まり後である真珠湾攻撃の現場です。

現地の方にとっては戦勝の記念であり、日本人にとってはあの敗戦へと繋がる最初の地です。その中心には戦艦ミズーリ記念館というものがあります。アリゾナ記念館と並んで、この地域における観光名所となっており、日本人でも訪れることができます。

2.戦艦ミズーリ記念館

戦艦ミズーリは第二次大戦当時のアメリカ海軍の戦艦で、現存する戦艦のうちでは最大のものに入ります。公営バス、もしくはレンタカーを停めるスペースのすぐ近くにビジターセンターがあり、大きな荷物はすべて預けた上で記念品だけ持って受付に並びます。ミズーリ記念館に入るには20ドルの入館料が必要です、更には45ドルで解説付きの特別なツアーにも参加できます。

ミズーリはそもそも真珠湾攻撃当時にあった船ではなく、戦中に建造された大型戦艦です。日本との関わりでいいますと本土への艦砲射撃へ参加したことと、何より東京湾内での降伏文書へのサインの場となったことで知られています。

3.ミズーリ艦内

艦内のツアーに申し込むとまず最初に案内されるのがこの降伏文書サインの場所です。日本語を話す解説者も多数いますので日本人だけの案内ツアーをしてくれるのですが、マッカーサーが威圧感を出すために、日本側代表者をいかに待たせたか、その時の米兵の様子はどうだったかなどこと細やかに話してくれます。

非常に興味深いのは、舷側にある特攻機の突入後で、ここで起こった悲劇のあとをまざまざを体感させてもらえます。甲板上でのツアーのあとは自由に艦内を巡れます。ミズーリは湾岸戦争にも参加しただけあってあちこちは近代的に改修されているものの、足の悪い方や小さなお子様にはキツイ階段などがあるので、艦内観光には注意が必要です。その代わり、これだけ大きな戦艦なのに中にいる水兵はこんなに限られたスペースで生活していたのかというのを実感できます。

実際に真珠湾で沈んでまだその地に残っているアリゾナを上から眺められるアリゾナ記念館と合わせて、日本人なら一度は太平洋戦争の始まりと終わりを実感しに行くのも良い経験になることと思います。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー