TOP >ハワイ観光地 > オアフ島の名勝「ダイヤモンドヘッド」とは?

オアフ島の名勝「ダイヤモンドヘッド」とは?

ダイヤモンドヘッドは、ハワイ・オアフ島南東部にある火山で、ハワイのホノルルからも近い観光名所です。本日はダイヤモンドヘッドについてご紹介します。

diamond
出典:http://www.hawaii-arukikata.com/enter/2002/diamondhead.html

1.ダイヤモンドヘッドの地理

ホノルルの中心地ワイキキから、ダイヤモンドヘッドまではわずか3キロも離れていません。周囲をダイヤモンドヘッド・ロードと住宅地が取り巻き、西側にはホノルル動物園やワイキキ水族館が接しています。

ダイヤモンドヘッドは今から15万年前以降に、オアフ島のコオラウ火山の噴火によってできました。ほぼ円形の形をしており、尾根が周囲3.5キロメートルほど、ぐるりと円を描いて伸びています。最も標高の高い場所でも232メートルと、低山であるために登山をしやすい地形です。

20世紀になるとアメリカ軍の軍事要塞として、大砲などの装備が置かれるようになり、現在観光客を迎え入れる道路やトンネルも、元々は要塞を建設するときに整備された道でした。

2.ダイヤモンドヘッドの名前

19世紀、オアフ島にイギリス人が上陸し、ダイヤモンドヘッドに登りました。その時に火口に堆積していた、透明で光沢を放つ方解石(炭酸カルシウムの結晶)をダイヤモンドと間違え、ダイヤモンドヘッドという名前を名付けたということです。一方でハワイの先住民からは「レアヒ」という名で呼ばれてきましたが、これは「マグロの額」という意味なのだそうです。マグロの目玉みたいな意味に捉えていいのかもしれません。

3.登山ができる

ダイヤモンドヘッドには登山道が整備されていて、毎日のように世界各地からの観光客が訪れています。東側の尾根の下にバス停があり、そこから道路が山の中へ伸びて、尾根の下のトンネルをくぐり抜けるとダイヤモンドヘッドの火口部に出ます。中央部の駐車場から、最も高い尾根に向かって登山道が続きます。急勾配の階段が溶岩の岩場の中を続いていたりと、かなり険しい道になっています。尾根のもっとも高い場所には、幾つかの展望台が並んでいます。ここからはダイヤモンドヘッドの地形が一望できますし、オアフ島の周囲の太平洋の広さを感じられ、ホノルルの市街地の様子も良く眺めることができます。

標高200メートルを超える山頂部の展望施設は、柵に囲まれている場所と柵がないコンクリートの床だけの場所とがあります。火山の尾根であるだけに周囲は岩だらけの崖になっているので、頂上に近づくほどに注意が必要です。気軽に訪れることができるといっても、しっかりした靴を履いていく必要があります。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー