TOP >ハワイその他 > 2022年に全面開通!オアフ島の新交通システム

2022年に全面開通!オアフ島の新交通システム

オアフ島の南部の都市部では、2022年に新交通システムが全面開通する予定です。完成すると観光名所をつなぐ路線となり、ホノルルの慢性的な交通渋滞を解消すると期待されています。どこからどこまでを繋ぐのかなど、気になる情報をまとめました。

1.モノレールだと思ったら電車だった!?

新しい交通システムは、建設前にはモノレールだという情報で伝わってきました。建設が開始されてから、実はモノレールじゃなかったという事実が明らかになりました。実際には普通の線路を持つ電車です。といっても最新式の設備を備えている電車ですから、性能面では何ら心配はありません。

それにしてもモノレールではなく電車が選ばれた経緯とはなんなのでしょうか。当初は2019年に全面開通といっていましたが、現在では2022年に完成と発表されていて、かなりずれこむ様子です。

2.ワイキキからカポレイまでの20マイル(32km)

気になる新しい鉄道が通るのは、オアフ島でも人口が集中しているホノルル市から西のカポレイまで、およそ20マイル(32キロ)の区間です。1番東はワイキキビーチやアラモアナビーチも近い、アラモアナセンターというハワイ最大規模を誇るショッピングセンターの前です。

そこから市街地内を道路に沿って西へと向かい、カカアコ地区、ダウンタウン地区、カリヒパラマ地区といった中心街に駅が建設されます。そしてホノルル国際空港、パールシティ、ワイパフを経て、西の終点はカポレイの市街地となります。オアフ島の主要な地域を上手く通過するよう、線路が敷かれているのです。

3.まずは2018年にカポレイ~アロハスタジアム区間が開通

2018年までに西側の区間が先行して開通する予定となっています。西のカポレイから、空港の北にあるアロハスタジアムまでの区間です。アロハスタジアムはNFLやカレッジフットボールの開催される場所です。

先行開通区間は、ホノルルの中心地やホノルル国際空港からは離れているので、観光などで訪れたときに利用するかどうかは未知数でしょう。2021年には、アロハスタジアムからホノルルのアラモアナセンターまでの区間も開通して完成となります。ともかく全面開通がまたれるところです。

4.新交通システムの気になる情報

この電車には大型の駐車場が設けられる予定になっており、判明しているのはカポレイ地区とパール地区です。車で駐車場まで来て、そこから電車移動ということになると、慢性的な交通渋滞も解消できることになります。

車両はアメリカ本土カリフォルニアで制作されています。合計80車両、20台の電車が、新ルートを走ることになります。建設費がどんどん膨らんでいて、料金はどうなるかなども気になります。完成したら、ハワイの違った景色も見れそうですね。

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー