TOP >ハワイの税金 > 連邦税の「Form W-8BEN」と源泉徴収【詳細解説】

連邦税の「Form W-8BEN」と源泉徴収【詳細解説】

本日はアメリカの連邦税の「Form W-8BEN」についてご紹介です。Form W-8のシリーズの中に、Form W-8BENの他、Form W-8ECI、Form W-8IMY、Form W-8EXPがありますが、日本人が最も知っておくべきなのがこのForm W-8BENです。

1.Form W-8BENとは?

(1)Form W-8BENの概要

Form W-8BEN(Certificate of Foreign Status of Beneficial Owner for United States Tax Withholding)は、米国内国歳入庁(IRS)のフォームの1つであり、アメリカ合衆国での利子、配当、使用料、賃貸収入、年金などに対する源泉徴収に関して、受益者が外国籍であることを証明する書類です。源泉所得税を控除されて支払いを受ける外国人が、源泉徴収代理人(Withholding Agent)や支払者(payer)に提出します。

(2)源泉所得税の免除・低減

アメリカ合衆国と租税条約が締結されている国に居住している個人・法人はこの書類を提出することで、源泉所得税を免除したり低減したりすることができる可能性があります。日本企業の経理担当者も、例えば米国子会社に貸付をしたり配当を受領するためにForm W-8BENを提出しておりますので比較的なじみのあるFormであるといえます。

(3)W-8BENの作成

下記より、Form W-8BENをダウンロードして記入後、印刷して正式な文書として使用することができます。

Form W-8BEN:Form 1040NR
Form W-8BENの書き方:Instructions for Form 1040NR

毎年のように税制改正によりFormの改正が行われているので、常に最新版であるかを確かめて利用する必要があります。なお、2015年1月以降提出分からForm W-8BENは受益者が個人である場合のみとなり、受益者が法人等の事業体である場合にはForm W-8BEN-Eを使用することとなりました。

2.アメリカにおける外国人の原則的な源泉徴収

(1)アメリカ合衆国の源泉徴収は30%!?

アメリカ合衆国においては、非居住外国人はアメリカ源泉の所得について30%の連邦所得税を源泉徴収されることとなっています。日本と比較して非常に高い源泉徴収税率です。日本は一般的には非居住者に対する源泉徴収は20.42%となっております。

(2)源泉徴収となる所得とは?

例えば以下のような所得が源泉徴収の対象となります。

【源泉徴収の対象となる所得】
・利子:Interest (including certain original issue discount (OID))
・配当:Dividends
・家賃収入:Rents
・使用料:Royalties
・賞金:Premiums
・年金:Annuities
・報酬:Compensation など

3.Form W-8BENを提出するメリットとは?

上述したとおり、アメリカ合衆国では外国人・外国法人はアメリカ源泉の所得についてなんと30%もの連邦所得税を源泉徴収されることとなってしまいます。Form W-8BENを提出するによって、日本居住者ならば日米租税条約により、銀行預金の利子が免税扱いとなったり、貸付金の利子や配当が10%に低減されます。また、使用料(ロイヤリティ)についても10%に低減されます。このように、受益者である非居住外国人等が、日米租税条約に基づいてアメリカでの源泉税を軽減したり又は免除するという特典を享受することができます。

4.Form W-8BENを提出すべき人とは?

(1)Form W-8BENを提出すべき個人・法人

Form W-8BENを提出すべき個人・法人は、源泉徴収を受ける非居住外国人・外国法人等です。また、日本人が米国国内、例えばハワイで個人の銀行口座を開設する際にBank of HawaiiやFirst Hawaiian BankからForm W-8BENの提出が求められる場合があります。これは銀行内で口座開設の必要書類のひとつとなっています。例えばFirst Hawaiian Bankはとても親切なことに以下にForm W-8BENの記載例を示してくれております。

W8BEN記入見本(First Hawaiian Bank)

(2)アメリカ非居住者の金融機関からの利子収入は?

米国内法上、アメリカ非居住者は金融機関からの利子収入は非課税になりますので、Form W-8BENを銀行へ提出することにより利子収入は、源泉徴収税の対象にはなりません。

(3)AmazonやebayへのW8-BENの提出

また、最近はAmazonやebayを通じてアメリカへ商品を販売する日本人や日本企業も増えています。W8-BENの提出をしない場合には米国国内での商品の販売について米国で課税されることとなりますが、AmazonやebayへW8-BENを提出することで連邦所得税、日本であれば所得税・法人税に相当する税免除されることとなります。

Amazonやebayでの輸出入や国際税務についての詳細は弊社グループ汐留パートナーズ税理士法人が運営する以下のページをご参照下さい。
汐留パートナーズ税理士法人 Amazon輸出・国際税務トップページ
汐留パートナーズ税理士法人 Amazon税務Q&Aページ

5.Form W-8BENの提出時期と提出先とは?

(1)Form W-8BENの提出時期

Form W-8BENを提出する時期はアメリカ源泉所得(配当、利子、ロイヤルティ等)を受けとる前までとなっています。

(2)Form W-8BENの提出先

Form W-8BENを提出する相手先としては、例えば役員・従業員が提出するのであれば雇用主である米国法人、外国企業や個人事業主が提出するのであれば米国取引先企業ということとなります。なおこれらは所得の種類ごとに作成して、相手先へ交付することとなります。提出先がIRSではなく相手先の企業であることに注意する必要があります。

6.Form W-8BENの有効期限

Form W-8BENの有効期限についてですが、一般的にForm W-8BENは、当初の記載内容に相違が出てこない限りは、最初にFormにサインをした日から3年後の12月末まで有効となります。例えば、2015年9月30日にサインをしたForm W-8BENは、2018年12月31日まで有効となります。記載情報の変更がなく、かつ、米国納税者番号(TIN)を取得していてこの番号を記載することができる場合など一定の場合には、Form W-8BENは無期限に有効となります。

7.Form W-8BEN記載の情報の変更

もし、Form W-8BEN記載に間違った情報を記載してしまったり、記載した情報に変更があった場合には、30日以内に雇用主や取引先企業等に通知し、状況の変更をした新しいForm W-8BENを提出する必要があります。

8.その他のW-8に関する情報(IRS)

その他IRSはW-8に関する情報を多数提供しております。以下が関連する情報となります。
All Form W-8BEN Revisions
Instructions for the Requester of Forms W-8BEN, W-8ECI, W-8EXP, and W-8IMY
Form W-8CE, Notice of Expatriation and Waiver of Treaty Benefits
Form W-8ECI, Certificate of Foreign Person’s Claim That Income Is Effectively Connected With the Conduct of a Trade or Business in the United States
Form W-8EXP, Certificate of Foreign Government or Other Foreign Organization for United States Tax Withholding
Form W-8IMY, Certificate of Foreign Intermediary, Foreign Flow-Through Entity, or Certain U.S. Branches for United States Tax Withholding
Publication 1212, Guide to Original Issue Discount (OID) Instruments
Other Current Products

なお、私がかつて提出したForm W-8BENは以下となっています。記載している項目について簡単に内容も示しておりますので、皆様の参考になれば幸いです。

w8ben

もしハワイ会社設立やハワイ進出でお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。汐留パートナーズグループのハワイビジネスに精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




ハワイ進出支援.com
  • ハワイ進出のメリット
  • ハワイ法人設立サービス
  • ハワイ法人運営サービス
  • サービス及び料金について
  • ハワイ進出のQ&A
  • ハワイの銀行について
  • サポート事例
  • 運営者のご案内
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がハワイでビジネスをするに当たっては、まずはハワイで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、ハワイでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「ハワイ進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
インドで会社を設立したい日本の皆様へ
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留行パートナーズグループ
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

記事一覧

カテゴリー